FC2ブログ

【ワインと本と音楽と】 第5回:シノンと「雨」と「Come Rain or Come Shine」

6月。もうすぐ梅雨の季節ですね。今回、雨について書こうと思ってふと思い出したのが、イギリスの小説家サマセット・モームの「雨」という短編小説です。私はシンガポールが好きでたびたび訪れるのですが、その際、必ず寄りたくなってしまうのがラッフルズホテルのライターズバー。サマセット・モームゆかりのバーです。

ラッフルズホテルとはシンガポールの一等地に建つ格調の高いホテルで、モームは「ラッフルズ、その名は東洋の神秘に彩られている」と絶賛しました。白亜の美しいファサードにシーク教徒のドアマン、南国情緒溢れる中庭など、まさに一幅の絵のように美しいホテルです。

モームの「雨」はそのラッフルズホテルにおいて執筆されました。シンガポールも雨の多い土地柄、雨季ともなれば旅行者をたじろがせるほどのスコールが一日数回降り注ぎます。この雨は、きっとモームの創作活動にもインスピレーションを与えたに違いありません。

ワインと本と音楽と_第五回

「雨」。偶然同じ船に乗り合わせた人々が、本来ならば単に乗り換えの地でしかなかったパゴパゴ(アメリカ領サモアの地名)に、麻疹の検疫のために数日間逗留を余儀なくされるところから話は始まります。

医師夫妻、宣教師夫妻、あまり身持ちのよくない女性が地元の商人宅に投宿するのですが、お堅い宣教師夫婦はその蓮っ葉な女性が気に入らず、彼女を更生させようと再三説教を試みます。しかし、そんな彼らを挑発するかのように毎夜大音響で音楽をかけては男たちを引っ張りこんで大騒ぎを繰り返す女性。業を煮やした宣教師は、パゴパゴの総督に女性をアメリカへ送還することを要求。教会を敵に回したくない総督はその要求を受け入れてしまいます。なんとしてもアメリカに帰されたくない女性は宣教師を自室に招き入れ、改心したいと神の教えを請うのですが・・・。

数日後、宣教師は自分の喉を剃刀で掻き切り、死体となって発見されます。果たして宣教師の身に一体何が起こったのでしょうか。モームは始終降り続くスコールの圧迫感、彼らの人間関係、各人の心の機微を無機質に淡々と綴っています。長雨のもたらす狂気とあっけなく崩壊する人間の理性について鋭く切り込んだ名作の誉れ高いこの作品、興味を持たれた方はぜひこの機会に読んでみてくださいね!

さて、梅雨のこの時期、不思議と毎年飲みたくなるワインがあります。フランスはロワール地方の銘酒、シノンです。シノンとは、フランス北部を流れる大河ロワール川の中流域で造られるワインで、赤・白・ロゼとありますが、日本では赤ワインが有名です。ボルドー地方でも多少使われるカベルネ・フランが主体で、梅雨に通じるひんやり感や湿った(=乾いていない)印象を持つ、しっとりとした飲み口のワインです。タンニンも比較的穏やかなので、渋くて重い赤ワインが苦手という方にもおすすめです。

一回飲んで感動したのは、ドメーヌ・ベルナール・ボードリーのシノン・レ・グランジュ。スタンダードなキュヴェなのでお値段的にも入手しやすく、味わいも果実味が豊かでとてもエレガント。和食とのマッチングもよく、若いうちから楽しめるので、1本キープしておくと急な来客時などに活躍しそうです。

ワインと本と音楽と_第五回_ボードリ・シノン

長雨の一日、モームの「雨」を片手にシノンを飲みながら何を聴きましょうか。
レイニーシーズンということで「Come Rain or Come Shone(邦題:降っても晴れても)」とか、いいですよね。この曲、ビル・エヴァンスやキース・ジャレット、サラ・ヴォーン、フランク・シナトラといった超有名なミュージシャンが数多くの名演を残していますが、今回はファンキーにアート・ブレイキー・アンド・ザ・ジャズ・メッセンジャーズで。梅雨の鬱陶しい気分を吹き飛ばすくらいめちゃくちゃかっこいいです。Moanin'というアルバムの6曲目に収録されています。ちなみにこのアルバムの4曲目はアート・ブレイキーが熱いドラムを聴かせるThe Drum Thunder Suite(邦題:ドラム・サンダー組曲)なのですが、曲の始まりが文字どおり雷鳴のようなドラミングになっていて、個人的にはこちらの選曲もなかなか乙かもしれません。


Art Blaky & the Jazz Messengers "Moanin'"より「Come Rain or Come Shone」


こちらは同アルバムより「The Drum Thunder Suite」

今週後半にも徐々に梅雨入りしそうな日本列島。雨の日はどこか気ぶっせいなものですが、お気に入りの本と音楽を楽しみつつ、ワインを飲みながらのんびり過ごしましょうね。





ENOTECA Online(ワイン通販 エノテカ・オンライン)
↑ワインのご購入はこちらからどうぞ








雨 / 赤毛 モーム短編集 1 新潮文庫 改版 / ウィリアム・サマセット・モーム 【文庫】



価格:
497円


(2017/06/06 04:01時点 )


感想:0件












Art Blakey アートブレイキー / Moanin' 輸入盤 【CD】



価格:
1,652円


(2017/06/06 01:43時点 )


感想:0件




スポンサーサイト