FC2ブログ

「ワインを楽しむ会:魅惑のシャトー・オーゾンヌ~サン・テミリオンの夕べ~」開催ご報告

12月9日(土)19:00より「ワインを楽しむ会:魅惑のシャトー・オーゾンヌ~サン・テミリオンの夕べ~」を開催いたしました。当日の様子を画像にてお楽しみください。

◆本日のワイン(左より)
*アンリ・ビリオ・グランクリュ・アンボネイ・ブリュット・キュヴェ・トラディション NV(フランス・シャンパーニュ地方)
*シャトー・バルブ・ブランシュ 2011(フランス・ボルドー地方サン・テミリオン地区)
*シャトー・ボー・セジュール・ベコ 2006(フランス・ボルドー地方・サン・テミリオン地区)
*シャトー・オーゾンヌ 2007(フランス・ボルドー地方・サン・テミリオン地区)
2017年12月ワイン会_本日のワイン

クリスマスなので、やはり乾杯はシャンパーニュですよね~!
今回はアンボネイ村に本拠地を置くレコルタン、アンリ・ビリオのグランクリュ・アンボネイ・ブリュット・キュヴェ・トラディション NV。上質なピノ・ノワール主体のブラン・ド・ノワールです。
2017年12月ワイン会_アンリ・ビリオ

色合いはまさにシャンパン・ゴールド。美しい泡立ちです。グラスに注ぐとふわりとトーストの香りが立ちあがり、味わいはピノ主体だけにふくよかで芳醇。「甘露」という言葉を思い出しました。

アミューズはハガツオのカルパッチョ バルサミコ風味。
2017年12月ワイン会_ハガツオのカルパッチョ

そして、牡蠣・アサリの入った海老のクリームスープ。
甲殻類の旨味がたっぷりで、ビスクのような味わいです。
2017年12月ワイン会_海老のクリームスープ

本日のテーマ、サン・テミリオンの1本目はシャトー・バルブ・ブランシュ 2011。
2017年12月ワイン会_Ch.バルブ・ブランシュ

古代ローマ時代からすでにぶどうが植えられ、アンリ4世がこよなく愛したというリュサック・サン・テミリオンのシャトー。ボルドーワインのランキングでペトリュスなど数々の高級ワインを押さえ、596本の中で堂々の11位を獲得したという実力派で、メルロー85%、カベルネ・フラン15%。果実味たっぷり、時間を置くと心地よい樽香も現れ、威風堂々としています。この高評価もなるほどと頷けるおいしさです。

合わせるお料理は、レンコンとごぼうの入ったアッシェ・パルマンティエ。
口に頬張った際のふんわりとしたアッシェ・パルマンティエとレンコンの食感の違いが面白い逸品。
2017年12月ワイン会_アッシェ・パルマンティエ

サン・テミリオンの2本目は、シャトー・ボー・セジュール・ベコ 2006。
2017年12月ワイン会_Ch.ボー・セジュール・ベコ

サン・テミリオン・プルミエ・グラン・クリュ・クラッセBの格付けに属するワイン。新樽比率100%(通常)ということもあり、リッチで華やかです。抜栓直後は果実味を楽しみ、後半は樽香による甘い香りと複雑さの増した味わいの調和を楽しむ、という感じでした。

お料理は、蝦夷鹿のサルシッチャとブロッコリーのパッケリ。
2017年12月ワイン会_パスタ

太いマカロニのような形状をしたパッケリ。パスタって、本当に種類が多いですよね。潰したブロッコリー、豪快にゴロゴロと入っている蝦夷鹿のサルシッチャがパッケリに絡んでとてもおいしかったです。

そして、シャトー・オーゾンヌ 2007。
2017年12月ワイン会_Ch.オーゾンヌ

4つのシャトーにのみ許されたサン・テミリオン最高峰、プルミエ・グラン・クリュ・クラッセAに位置するワインです。「オーゾンヌ」とは古代ローマ時代にこの地域に住んでいた詩人アウソニウスの名に因んでいるとか。セパージュはカベルネ・フラン55%、メルロー45%。タンニンがシルキーでとてもエレガント。複雑な要素を多く持っていますが、その要素が表面に出て華やかになるというのではなく、内に秘めたまま滋味深い味わいがずっと続いていくような、そんな静けさを持ったワインです。

お料理はメイン、牛頬肉の柔らか赤ワイン煮込み 軽く炙った大根添え。
2017年12月ワイン会_牛頬肉赤ワイン煮込み

当たり前ですが、しっかりした赤ワインには牛肉の赤ワイン煮込み、合いますよね。フォークでほぐれるまでに煮込まれたお肉に赤ワインが進みます。香ばしく炙られた大根かいいアクセント。

バルブ・ブランシュ(左)、ボーセジュール・ベコ(中央)、オーゾンヌ(右)
2017年12月ワイン会_右岸3本揃い踏み

ひとしきり、ワイン談義?!なにやら熱く語ります。
2017年12月ワイン会_ワイン談義

最後に参加者のみなさまで、パチリ。
2017年12月ワイン会_集合写真

ご参加いただきましたみなさま、長い時間お付き合いいただきありがとうございました!
次回の「ワインを楽しむ会」は3月31日(土)19:00-、アメリカワインの会を開催の予定です。どうぞお楽しみに!
スポンサーサイト