FC2ブログ

【ワインの用語集】:マロラクティック発酵

山形ワイナリー訪問_大浦葡萄酒5

アルコール発酵後の出来立てのワインには、シャープな酸味を持つリンゴ酸が多く含まれています。

マロラクティック発酵とは、そのリンゴ酸を乳酸菌の働きによって乳酸に変化させること。

この行程を行うことにより、
・シャープな酸味がまろやかな酸味に変わる、
・ワインの味わいや香りが豊かになる、
・ワインの品質が微生物学的に安定する、といった利点がありますが、
早や飲みタイプのワインなどはこれを行わないこともあります。

※M.L.F.と表記することもあります。

(出典:日本ソムリエ協会 教本)

コメント

非公開コメント

salondeyoko

Salon de YOKO-サロン・ド・ヨーコ-は首都圏・大都市圏のワインスクールに通いにくい地域にお住まいの方や、お仕事の都合で既存のスクールに通えない方に向けたオンラインワインスクールです。サロンとしてワインセミナーや各種イベントなども開催しています。

主宰:佐藤燿子(さとう ようこ)
J.S.A.認定 シニアワインエキスパート
C.P.A.認定 チーズプロフェッショナル
J.S.A.認定 SAKE DIPLOMA