FC2ブログ

【ワインの用語集】:ロゼワイン

ワインの用語集_ロゼワイン

ピンク色をしたワインのこと。
薄いピンク、濃いピンク、オレンジがかったサーモンピンクと色のバリエーションはさまざま。

ロゼワインには3つの造り方があります。

<ロゼワインの造り方>
①:セニエ法
赤ワインの造り方でロゼワインを造る方法です。
原料は黒ぶどうです。
破砕・除梗した黒ぶどうを醸し、目指すロゼの色合いが出たところで果汁と果醪を分離し、これを発酵させて造ります。

②:直接圧搾法
白ワインの造り方でロゼワインを造る方法です。こちらも原料は黒ぶどうです。
黒ぶどうを破砕・除梗後に圧搾する際、果皮の色が果汁に移りほのかに色づきます。この果汁を発酵させると①よりも淡い色合いのロゼワインになります。

③:混醸法
ドイツのロートリングで行われる造り方で、黒ぶどうと白ぶどうを混ぜ合わせて発酵を行う方法です。
ここで間違ってはいけないのは、上記で混ぜていいのは発酵前の黒ぶどうと白ぶどうである点です。ヨーロッパでは赤ワインと白ワインをブレンドしてロゼワインを造ることを禁止しています。(シャンパーニュなどのスパークリング・ワインは例外として赤ワインと白ワインのブレンドが認められています。)

(出典:日本ソムリエ協会 教本)

スポンサーサイト