FC2ブログ

【チーズの用語集】:ロングライフチーズ

チーズの用語集_ロングライフチーズ

アルミ缶やプラスチック容器に入ったチーズがありますよね。
代表的なものはカマンベールですが、いまはいろいろ種類も増えてきました。
スーパーマーケットなどで手軽に購入できるので、急な来客のときなどとても重宝です。

このようにある程度熟成させたナチュラルチーズをアルミ缶やプラスチック容器に入れて密封し
加熱殺菌して造ったチーズを「ロングライフチーズ」といいます。

高温で加熱することによりチーズ内の微生物は死滅し、酵素も失活するため、
チーズは熟成が止まり(=状態が変化しなくなり)、
賞味期限を長くすることができます(未開封・要冷蔵(10℃以下)でおよそ1年間)。

さて、
プロセスチーズナチュラルチーズを加熱殺菌することで長期保存を可能にしたチーズですが、
ロングライフチーズとどこが違うのでしょうか。

プロセスチーズとロングライフチーズの違いはチーズ造りの際、
「乳化剤を加えて乳化する工程があるかないか」
です。

つまり、
プロセスチーズはナチュラルチーズを粉砕したものに熱を加えて一旦溶かした後、
乳化剤を加えて乳化(=組織を滑らかに均一化すること)し、固めたもの。

ロングライフチーズはナチュラルチーズを粉砕することなく缶詰めなどにパッケージングし、
丸ごと加熱殺菌したもの、ということができます。

(出典:チーズプロフェッショナル協会 チーズの教本)


スポンサーサイト