FC2ブログ

【ワインの用語集】:ピノ・ノワール(赤ワイン用のぶどう)

ワインの用語集_ピノ・ノワール

◆産地と特徴◆

産地はフランス・ブルゴーニュ地方。

カベルネ・ソーヴィニョンに並ぶ人気品種。
かの有名なロマネ・コンティもピノ・ノワール100%のワインです。

カベルネ・ソーヴィニョンやメルロー主体のワインに比べて色も味わいも軽めに仕上がり、
非常に繊細でしなやかなワインとなります。

ピノ・ノワールはカベルネ・ソーヴィニョンやメルローとは違い育つ環境を選ぶため、
栽培するのがとても大変な品種です。

ブルゴーニュ地方では芸術品のような素晴らしいワインを数多く生み出しますが、
これと同レベルのワインを他の地域で造るのは非常に難しいこととされています。

◆色調と風味◆

明るいルビー色。
カベルネ・ソーヴィニョンやメルローのように暗い色ではないため、
透明感があります。

一般的に渋味は少なく、他の品種よりも酸味が強いです。
ラズベリーやチェリーなどの赤い果実の風味のほか、
きのこ、トリュフ、なめし革、腐葉土など多くの複雑な香りと味わいを持っています。

(写真:ルモワスネ・ブルゴーニュ・ルージュ・ルノメ 2008 (フランス・ブルゴーニュ地方)/ピノ・ノワール100%のワイン)
(出典:日本ソムリエ協会 教本)

スポンサーサイト