FC2ブログ

【ワインの用語集】:シラー(赤ワイン用のぶどう)

ワインの用語集_クローズ・エルミタージュ

◆産地と特徴◆

フランスのコート・デュ・ローヌ地方や地中海沿岸地域で多く栽培されている品種。

コート・デュ・ローヌ地方の北部地区では、
シラーを主体とした高級ワインが多く生産されています。

カベルネ・ソーヴィニョンやメルローも濃厚でアタックの強いワインが多いですが、
シラーも違う切り口で存在感のあるワインを造ります。

一方、コート・デュ・ローヌ地方の南部地区やラングドック・ルーション地方では、
ワインにバランスのよさ、上品さをもたらすぶどうとして補助的にも用いられます。

この品種はオーストラリアでは「シラーズ」と呼ばれ、
コート・デュ・ローヌのものよりもパワフルに仕上がる傾向があります。

◆色調と風味◆

青みを帯びた濃いガーネット色。

プラムなどの黒い果実、また黒胡椒をはじめとするスパイス香が特徴。
鉄分の風味が強いため、一般的にジビエなどの肉料理と相性がよいと言われています。

オーストラリアのシラーズにはビター・チョコレートのような香りが強く出ます。

(写真:シャプティエ・クローズ・エルミタージュ・レ・メゾニエ 2011(左)、ギガル・クローズ・エルミタージュ 2010(右) (いずれもフランス・コート・デュ・ローヌ地方/シラー100%のワイン))
(出典:日本ソムリエ協会 教本)

スポンサーサイト