FC2ブログ

【ワインの用語集】:白ぶどう

ワインの用語集_白ぶどう

ワイン醸造用のぶどうで、白ワインを造ります。

黒ぶどうは、
果汁に果皮を漬け込まずにすぐ分離してしまえば、白ワインを造ることができますが、
白ぶどうからは赤ワインを造ることはできません。

白ワインを造るぶどうには、
果実が熟しても白いままの白ぶどうのほか、
成熟すると実が赤紫に色付く「グリ(=仏語で「灰色」の意味)」と呼ばれるぶどうがあります。

ワインの用語集_グリ系のぶどう

写真は日本で一番ワイン醸造に使われている甲州種。
白ぶどうとはまったく色が違いますよね。

白ぶどうよりは果皮に色がついていますが、
このグリ系のぶどうを赤ワインのように果皮を果汁に漬け込んで醸したとしても、
赤ワインにはならず、
淡いロゼ~オレンジの発色になります。

白ぶどうもグリのぶどうも「白ワイン系品種」としてひとまとめにされがちなのですが、
色合いがこれだけ違うということ、ぜひ覚えておいてくださいね!

代表的な白ぶどう:
シャルドネ
ソーヴィニョン・ブラン
リースリング
◆シュナン・ブラン
◆アリゴテ
◆ピノ・ブラン
◆ミュスカデ など

(出典:日本ソムリエ協会 教本)

スポンサーサイト