FC2ブログ

【チーズの用語集】:クリーム

チーズの用語集_クリーム

身近な乳製品、今日はクリーム。
クリームは、これ単体で食べるというより、
洋菓子やお料理に使われていることの方が多いですよね。

乳脂肪・・・ってことは何となく分かりますが、
どうやって乳脂肪分を取り出しているのでしょうか。

*****

◆クリームとは◆

遠心分離機を使ったり、長時間静置などの方法で生乳中の乳脂肪を集めたもの。

*****

そもそも、
生乳中の乳脂肪は「脂肪球」という名前のとおり、球状で存在しています。
静置しておくと、脂肪球同士が集合して表面に浮いてくるのですが、これを「クリームライン」と呼んでいます。
この「クリームライン」の部分がクリームの素なんですね。

通常の飲用乳では脂肪球同士の集合を防ぐために「ホモジナイザー」という均質機で脂肪球を小さくするため、
私たちが脂肪球を目にする機会はあまりありません。

クリームは通常「生クリーム」という名前で販売されていて、18%以上の脂肪と水分で構成されています。

コーヒー用のクリームならば乳脂肪分は20~40%、ホイップ用のクリームならば30~50%など、用途に応じて使い分けられています。

(出典:チーズプロフェッショナル協会 チーズの教本)

スポンサーサイト