FC2ブログ

「ワインを楽しむ会:憧れのシャンパーニュ~人気メゾンを飲み較べる~」開催ご報告

8月25日(土)19:00より「ワインを楽しむ会:憧れのシャンパーニュ~人気メゾンを飲み較べる~」を開催いたしました。当日の様子を画像にてお楽しみください。

◆本日のワイン(左より)
*アルフレッド・グラシアン・ブリュット NV
*ドン・リュイナール・ブラン・ド・ブラン・ブリュット 2004
*ドン・ペリニヨン・ロゼ・ブリュット 2003
(生産地はいずれもフランス・シャンパーニュ地方)
2018年8月ワイン会_本日のワイン

今回の「ワインを楽しむ会」はSummer Festa!これまでウェルカム・シャンパーニュ以外に泡物を取り上げたことはなかったのですが、今回は暑い時期の開催ということで初めてシャンパーニュに焦点を当ててみることにしました!

いずれも味わいのしっかりとした素晴らしいシャンパーニュばかりなので、グラスはフリュートではなく、あえて白ワイン用で。

まずはワイン関係者にもファンの多い造り手のひとつ、
アルフレッド・グラシアンのNVからスタート。
2018年8月ワイン会_アルフレッド・グラシアン

アルフレッド・グラシアンはすべてのワインを樽で発酵・熟成させる、シャンパーニュでは数少ない生産者。

樽の効果でまろやかな口当たりではありながら、マロラクティック発酵はされていないため、果実の溌剌とした酸味は健在。シャルドネ、ムニエ、ピノ・ノワールと3種類のぶどうをブレンドしているので、複雑感もあり威風堂々としたシャンパーニュです。

香りの中に蜂蜜のようなニュアンスもあるので、イースト香と相まって、焼きたてのトーストにバターと蜂蜜を乗せたかのよう。

本日のアミューズは山芋のヴィシソワーズ
2018年8月ワイン会_山芋のヴィシソワーズ

山芋とのことだったので、もう少し粘り気があるかと思ったのですが、思ったよりさらりとしていました。味わい自体はじゃがいものヴィシソワーズとそれほど変わらず、喉越しがよくて暑い時期にとても嬉しい一品です。

前菜。
いろいろな魚介のマリネ ライムとエストラゴンの香りで
2018年8月ワイン会_前菜

これも夏にさっぱりといただけるお料理。ムール貝はモン・サン・ミッシェルの逸品。ほのかなライムの酸味がシャンパーニュの酸味に寄り添い、エストラゴンの香りで最後まで爽やかにいただけます。

2本目。
ドン・リュイナール・ブラン・ド・ブラン・ブリュット 2004
2018年8月ワイン会_ドン・リュイナール

コート・デ・ブラン地区の繊細なぶどうを約7割、モンターニュ・ド・ランス地区の果実味豊かなぶどうを約3割ブレンド。グラン・クリュのシャルドネ100%で造られる究極のブラン・ド・ブランは、きめ細やかな泡とともにイースト香と柑橘の爽やかな香りが立ち上り、口に含んでみると軽やかでとてもエレガント。

ミレジメ2004年ということで、収穫から14年経過したシャンパーニュはミネラルも程よくこなれ、アミノ酸の旨味も十分に感じられる、味わいのしっかりした奇跡のブラン・ド・ブランです。

合わせるお料理はパスタ。
スパゲッティーニ 実山椒とツナ 茄子のソース
2018年8月ワイン会_パスタ

パスタの具材としてよくあるツナと茄子を実山椒でひきしめた、ビストロマールさんならではのユニークな一皿。ワインの席にありがちな胡椒ではなく、山椒というところが心憎い!アフターフレーバーが爽快なところも夏向きです。

3本目。
ドン・ペリニヨン・ロゼ・ブリュット 2003
2018年8月ワイン会_ドン・ペリニヨン

鮮やかで深いオレンジがかったピンク。美しい色合いです。ラズベリーのような赤い果実系のチャーミングな香りと味わい。グラスの中でワインの温度が上がっていくにつれて、ピノ・ノワール特有の土っぽい湿ったニュアンスやエピセなどがわずかに顔を覗かせ、それが重厚感、複雑感に繋がっていきます。

お料理はメインに合わせて。
岩手産佐助豚 骨付きスネ肉のコンフィ
2018年8月ワイン会_メイン

柔らかくてくせのないコンフィは、お肉系が苦手な方でも食べられそうなあっさりとした仕上がり。牛や羊と違ってお肉自体の香りも強くないので、ロゼ・シャンパーニュとのバランスが絶妙です。

そして、「ワインを楽しむ会」ではご紹介することが少ないチーズ。
今回はワイン愛好家のみなさまに同郷のチーズをご紹介しようとシャンパーニュ地方で造られるA.O.C.チーズをご用意しました。

ラングル
(フランス・シャンパーニュ地方/ウォッシュタイプ/牛乳)
2018年8月ワイン会_ラングル

2018年8月ワイン会_ラングルとドン・ペリ・ロゼ

ウォッシュタイプの中では比較的穏やかな部類に入るラングルですが、それなりに香りも味わいも強いため、私的にはやはりロゼの方がよりマッチングがいいような気がします。

冷蔵庫から出して15分程度置くと、表皮に近いところがとろけ、風味も立ってきて癖になる美味しさに!

もうひとつはデザート代わりにご用意した、ほのかな甘さのアップルパイチーズ
2018年8月ワイン会_アップルパイチーズ

「アップルパイチーズ」の名の通り、チーズ生地の中にはアップルやレーズンがごろごろ。シナモンも利いていて、シャンパーニュとも相性抜群。チーズをお供にワインが進みます。
2018年8月ワイン会_ワインを注ぐ

真剣にワイン談義中。
2018年8月ワイン会_ワイン談義中

最後に恒例の集合写真。ビストロマールの山崎さんと長田さんも参加です!
2018年8月ワイン会_集合写真

ご参加いただきましたみなさま、長い時間お付き合いいただきありがとうございました!

スポンサーサイト