FC2ブログ

「チーズを楽しむ会:『さくら』でお花見!」開催ご報告 ほんとにお花見しちゃいました♪

3月15日(水)19:00より「チーズを楽しむ会:『さくら』でお花見!」を開催いたしました。当日の様子を画像にてお楽しみください。

◆本日のチーズ
*さくら(北海道・共働学舎)/(右)
*さくらのアフィネ(北海道・共働学舎)/(中央)
*ブリ・ド・モー 10週間熟成(フランス・イル・ド・フランス地方)/(左)
2017年3月チーズ会_本日のチーズ

◆本日のワイン
*シャトー・メルシャン 甲州グリ・ド・グリ2015(左)
*グランポレール 甲州<モンイストワール>1999(右)
2017年3月チーズ会_本日のワイン

まずは乾杯!
本日のテーマはお花見ということで、桜も一枝ご用意♪
2017年3月チーズ会_お花見で乾杯

乾杯のワインはシャトー・メルシャン 甲州グリ・ド・グリ2015。
最近、「オレンジワイン」という言葉を耳にしますが、このワインもいわゆるオレンジワインの一種。白ぶどうやグリ(赤紫)の果皮をワインに漬け込んで色素をワインに反映させるため、淡いロゼ~サーモンピンク、オレンジといった美しい色合いのワインとなります。
2017年3月チーズ会_グリ・ド・グリ

デリケートな味わいながらふくよかで、甲州のクセを上手に活かしているグリ・ド・グリは、日本のチーズ「さくら」や「さくらのアフィネ」との相性も抜群。また、この時期が旬の山菜料理とも好相性。
2017年3月チーズ会_さくらとさくらのアフィネ

10日熟成の「さくら」、それを更に一か月熟成させた「さくらのアフィネ」、10週間熟成のブリ・ド・モーを食べ較べ、熟成期間やチーズが造られた環境による味わいの違いを堪能していただきます。
2017年3月チーズ会_さくらと甲州


ウドとウルイのサラダ(右下)、鶏モモ肉と竹の子、菜の花のフリカッセ(左上)
お花見気分でお料理をお重に詰めて。
2017年3月チーズ会_サラダとフリカッセ

2本目の甲州ワイン。
サッポロが手掛けるグランポレール 甲州<モンイストワール>1999
山梨産甲州を使い、ステンレスタンクで18年もの長期熟成を施したユニークな甲州。
まずは柔らかな甘味、そしてマーマレードジャムに似たほろ苦さが若干感じられます。
2017年3月チーズ会_甲州1999

2017年3月チーズ会_桜と甲州

今がまさに旬。
スパゲッティーニ フキノトウのソース アンチョビ風味。この苦味がたまりません。
2017年3月チーズ会_フキノトウのスパゲティ

お話もお酒も進み、お花見気分でもう1本赤を追加。
イタリア・ロンバルディア地方のワイナリー、カ・ディ・フラティのロンケドーネ2013。
果実味の凝縮した濃厚な味わい。イタリアの赤もお花見にまた良し♪
2017年3月チーズ会_カ・ディ・フラティ・ロンケドーネ2013

最後に恒例、参加者のみなさまで集合写真♪
2017年3月チーズ会_集合写真

ご参加くださいましたみなさま、長い時間お付き合いいただきましてどうもありがとうございました!
スポンサーサイト